【ストリームレコーダー】ストリーミング動画やライブ配信がダウンロードできる最強ツール

このページでは、動画共有サイトやライブ生放送の動画をダウンロードできる「ストリームレコーダー」というツールについて紹介しています。

ストリームレコーダーとは?

「ストリームレコーダー」は、様々な動画サイトに対応している動画ダウンロードツールです。

ストリーミング再生で視聴するニコニコ動画のような動画サイト、SNSに投稿されている動画、大人向け動画サイト、更にはリアルタイムで配信されているライブ動画までもダウンロードできてしまう万能ツール。

しかも、仮にダウンロードできなかった場合はビデオキャプチャ機能も搭載しているため、検出できなった動画も録画することで動画ファイルとして保存できるようになるのです。

 

同じ作者が開発する「動画ゲッター」というツールは主に埋め込み動画に対応しており、この2つを組み合わせれば、ダウンロードできない動画は存在しないと断言してもいいかもしれません。

【動画ゲッターの使い方】簡単に埋め込み動画のダウンロードができる拡張機能
このページでは、ページ内の埋め込み動画をダウンロードするのに適しているブラウザの拡張機能「動画ゲッター」について紹介しています。 動画ゲッターとは? 動画ゲッターは、WEBサイトにアップロードされている動画や音楽をダウンロードできるよう...

 

こんな高機能なのに無料で使えるなんて、私が知っている中で最強のダウンロードツールといっても過言ではないです。それでは、インストール方法から動画のダウンロードまで、詳しく説明していきましょう。

ストリームレコーダーのインストール

ストリームレコーダーはそれ単体で動くソフトではなくGoogle Chromeブラウザの拡張機能として動作するので、Google Chromeのインストールから始めます。もう入ってるよという方は飛ばしてもらってOK。

ストリームレコーダーのインストール
  • Step1
    Google Chromeのインストール

    ストリームレコーダーは拡張機能なので、まずは大本となるGoogle Chromeをインストールします。
  • Step2
    ストリームレコーダーのページにアクセス

    Google Chromeを開き、ストリームレコーダーの公式サイトにアクセスします。
  • Step3
    ストリームレコーダーをインストール

    ストリームレコーダーの公式サイトにある「Chromeウェブストアへ」というボタンをクリック。Chromeウェブストアに移動したら「Chromeに追加」をクリックします。

    「ストリームレコーダーを追加しますか?」というような確認画面が表示されるので、「拡張機能を追加」をクリック。

  • Step4
    インストール完了

    ブラウザの右上に日の丸弁当のようなアイコンが表示されたらインストールは完了です。

別の拡張機能を沢山インストールしている場合はアイコンが表示されないことがあるので、アドレスバーの長さを短くして表示させましょう。

動画のダウンロード方法

ダウンロードしたい物の種類ごとに少しずつ操作が違うので、それぞれ説明していきます。

アップロードされている動画をダウンロード
  • Step1
    動画のページを開いてアイコンをクリック

    ダウンロードしたい動画のページを開きます。動画が検出されるとストリームレコーダーのアイコンの赤い部分が大きくなるのでクリック。

    【検出前】

    【検出後】

  • Step2
    動画を保存

    画面が移り変わったら変換が自動的に始まります。進行度が100%になったら「保存」ボタンが表示されるので、クリックします。
動画の品質を変更することも可能ですが、変更すると動画の変換が最初からになってしまうので、早いうちに設定しておきましょう。
放送中のライブ動画をダウンロード
  • Step1
    生放送のページを開く

    ダウンロードしたいライブ動画のページを開きます。ライブが始まると、ストリームレコーダーのアイコンの赤い部分が大きくなるのでクリック。

    【検出前】

    【検出後】

  • Step2
    画質の設定

    開いたらすぐに「品質」の設定をします。ライブ動画は途中で画質を変えられないので、最初に設定しましょう。
  • Step3
    ライブが終わるまで待機

    ライブの放送と同時に録画も進んでいくので、ブラウザを閉じたりPCの電源を切らないようにしましょう。
  • Step4
    保存をクリック

    その時点までのライブ動画をダウンロードするには「保存」をクリックします。

もしダウンロードできなかった場合は録画機能を使う

もし動画が検出されなかった場合、「動画インデックスがありません。キャプチャモードに移行しますか?」と表示されるので「はい」をクリックします。もしくは、ストリームレコーダーの画面を開き右上の「キャプチャモード」スイッチを手動でONにします。

再び動画が検出されると「REC」というマークとともに変換が始まるので、その時点までの動画をダウンロードしたい場合は「保存」をクリックします。

使用上の注意点

とても便利なツールだが、使用には十分に気をつける必要があります。

途中で動画のページを閉じない

動画のページ、もしくはストリームレコーダーのページを閉じてしまうと変換したデータがすべて無くなってしまいます。しっかり保存したことを確認してから閉じるようにしましょう。特に生放送の動画は録画のチャンスが一回しかありませんので注意してください。

違法にアップロードされたコンテンツをダウンロードしない

動画がダウンロードできるツールは、裏を返せば悪用も可能ということです。違法ダウンロードについて十分理解しながら、正しい利用をするように心がけていきましょう。ご利用は自己責任で。

違法ダウンロードに関しては別記事で詳しく紹介しているので、宜しければチェックしてみてください。

違法ダウンロードとは何か?貴方が逮捕される可能性は・・
当たり前ですが、インターネットでは数え切れないほどのファイルがダウンロードできます。音楽、動画、ゲーム、写真・・・様々なコンテンツが安易に入手できるような時代になりました。 しかし、ファイルの種類によってはダウンロードしただけ...